2017年12月17日日曜日

ルカによる福音書1:46~56「歌いつつ迎えよう、クリスマスを」

クリスマスには讃美歌が溢れています。キリスト教会の礼拝には歌が欠かせません。特にルカは賛美を愛した人です。ルカによる福音書にはたくさんの賛美が残されています。マリアの賛歌、ザカリアの賛歌、主イエスがお生まれになった夜の天使の歌、シメオンの賛歌。思えば、どれもクリスマスの讃美歌です。歌いつつクリスマスを迎えるのは、事柄にふさわしいのではないでしょうか。讃美歌259番に「いそぎ来たれ、主にある民」という歌があります。以前の讃美歌では「神の御子は今宵しも」という歌い出しでした。第2節は「賤の女をば母として、生まれまししみどりごは、まことの神、君の君、いそぎゆきて拝まずや」という歌詞でした。あるとき、この「賤の女」という歌詞が不快語にあたるということで「おとめマリアを母として」と歌詞が変わったことがあります。確かに、誰かを「賤しい」と言ったら差別になるでしょうし、使うべきではない言葉かも知れません。しかし、私は少し残念な気がしています。神からご覧になったら人間は賤しい存在です。賤しい一人の人間を母に選び、神の子キリストは私たちと同じ人間として生まれてきました。それこそが福音です。賤しい私たちが献げる賛美を、神は喜んでくださいます。それが神の憐れみです。憐れみ深い神は、今、この世界をどのようにご覧になっているのでしょうか。マタイ18:21-35に、王様から1万タラントンという途方もない借金を赦していただいた男の話が出てきます。大体16万年間、休みなく働いたときの賃金に相当します。文字通りに途方もない。しかし王は彼を憐れんで、赦してやった。しかし、彼は自分に100デナリオン借金していた仲間を赦せませんでした。およそ、3ヶ月分の賃金です。自分が途方もなく赦していただいたことを忘れていたからです。王、つまり神の憐れみを、私は骨身に染みて忘れずにいるのだろうか。神は「憐れみを負われすれになりません(54節)」が、私はすぐに忘れてしまいます。恐ろしいことです。何と賤しい罪人なのでしょうか・・・。マリアは歌います。「身分の低いこの主のはしためにも、目を留めてくださった」と。私は、自分がどんなに賤しく、神の憐れみによってでしか生きられない者なのかを覚えていませんでした。恥ずべきことです。そして、神の我身の何と深いことでしょうか・・・。私は賤しいし、憐れみのかけらもない失格者だけど、神は憐れみに満ちておられるのです。自分の賤しさを自分で見つめていたら、苦しくて辛いだけだけれど、神がそのような私にさえも目を留めてくださったことは救いです。だから、私たちも歌いましょう。「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。」神は、私の救い主。賤しく、惨めな私を、神は救ってくださいました。自分の惨めさではなく、神を見上げることができます。息をすることができます。しかし、もしかしたら神は「見上げた」ところにおられるのではないのかもしれません。改革者マルティン・ルターはこのマリアの賛歌を愛し、素晴らしい本を書いています。その中で、このように言っています。「神は低いところだけをご覧になるが、人間の目はただ高いところを見る。すなわち、彼らは見栄えのする輝かしい華美な境遇を見る。」神は、賤しく、貧しく、世に捨てられたようなところへ下って行かれます。神は悲しみの中に降りてこられるのです。ですから、私たちは悲しみの中でさえも神を喜ぶのです。 

2017年12月14日木曜日

詩編第99編「主は聖なる方」


「主は聖なる方。」三度、そう繰り返す。聖なる方は大いなる、恐るべき方。我らの王。礼拝されるべきお方だ。改革者カルヴァンは、我らは神を礼拝するために生きていると言った。礼拝とは、主を聖なる方らしくあがめることだ。聖なる方が私たちの間に住まわれたのがクリスマスの出来事である。聖なる方は飼い葉桶におられるのだ。私たちはこの方をあがめる。この世で無価値と捨てられた方の前に膝をかがめる。そのことを肝に銘じたい。

2017年12月10日日曜日

マルコによる福音書1:1~8「十字架を見つめるクリスマス」

昨日、近所の子どもたちがここでクリスマスを祝いました。皆、とても嬉しそうに、喜んでいました。さがみ野教会は栗原伝道所として設立された当初から子どもたちへの福音の種蒔きを大切にしてきました。神さまから与えられた教会への使命であると信じています。今朝の御言葉はアドベントによく読まれる箇所です。洗礼者ヨハネが、荒れ野で罪の赦しを得させるための悔い改めの洗礼を宣べ伝えていました。ヨハネの活動をイザヤ書の言葉で総括しています。「荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、/その道筋をまっすぐにせよ。』」主が来られるから、道を整え、まっすぐにせよと言います。主をお迎えするために。マルコは福音書の冒頭で言っていました。「神の子イエス・キリストの福音の初め。」福音です。福音とは、喜びの報せという字です。喜びがここに始まる。そのための道を備えよ。昨日のクリスマス会も、そのための一筋の道であると信じています。伝道は、地道な取り組みです。すぐに成果にはつながりません。しかし、2000年間、教会は地道に御言葉の種を蒔き続けました。悲観的になるのが現実的な物の見方だという風潮がありますが、そうではないのだと思います。主イエスだって、楽に伝道なさったわけではありません。人間のこころの頑固さに嘆き、仲間の弟子たちのふがいなさにがっかりなさりながら、しかし私たちのことを諦めませんでした。どんな時にも、主の道はまっすぐにされなければなりません。主イエスがそれを望んでおられるからです。ローマ・カトリック教会の教皇フランシスコがこのようなことを言います。「主にかける者を主は失望させません。小さな一歩であってもイエスに向かって歩み出すならば、イエスが両手を広げてその到着を待っていることにきづくでしょう。そのときこそ、イエス・キリストに向かって次のように言うときです。『主よ、わたしは間違っていました。何度もあなたの愛から逃げました。しかし、今もう一度あなたとの約束を更新するためにここにいます。主よ、あなたを必要としています。もう一度あがないの腕にわたしを受け入れ、救い出してください。』」だから、私たちは失望せずに、キリストのもとへ帰りましょう。主が両手を広げて待っていてくださいます。神のもとへ帰ることを、聖書は「悔い改め」と呼びます。思えば、「失望」や「諦め」というのは現代を覆う時代精神の一つだと思います。私たちは自分自身のことも他人のことも、簡単に失望し諦めてしまいます。そこには冷めた愛がある。ヨハネは悔い改めを求めます。聖書が言う悔い改めは、日本語の語感から想像しがちな後悔といった意味ではありません。自分のあそこが悪いここが悪いと悩むことではないのです。そうは言っても私たちには後悔することがあるし、悔やんでも悔やみきれないこと、上手くいかないこともある。トマス・ロング牧師は言います。「私たちが記憶の中の経験を呼び起こし、初めに理解していたよりもさらに多くの神の御業の証拠や、それまで知っていたよりもずっと多くの神の恵みのしるしや、これまで表していたよりももっと」多くの神への感謝をそこに発見して、もっと誠実で従順に明日を生きたいとの願いを持つ、今までとは異なった自分を見いだすとき、私たちは悔い改めているのです。」この私に今も働いておられる神を見上げることこそ悔い改めです。そこでは私のためにかけられた十字架が見えてくる。そこに喜びが始まります。 

2017年12月7日木曜日

詩編第98編「待降節の詩編」


「主は驚くべき御業を成し遂げられた。」待降節の最初の日曜日にこの御言葉を聞くのは幸いだ。アーメンと応えたい。主は聖なる救いの御業を成し遂げられたのだ。この救いは万民のための救い。「地の果てまですべての人は、私たちの神の救いを見た。」全ての人にクリスマスを届けたい。「とどろけ、海とそこに満ちるもの、世界とそこに住むものよ。主を迎えて。」そして「主は来られる。」この方を待ち望むアドベントを新しい思いで過ごそう。

2017年12月3日日曜日

マタイによる福音書24:36〜44「ただ神だけはご存知だから」

今日から待降節です。待降節、アドベントはクリスマスを待ち望むとき。私たちはそう考えています。確かにその通りですが、ただ、これは主イエスがまだ生まれていないことにしておいてクリスマスを待つというわけではありません。今、私たちは第二のクリスマスを待っています。キリストが再び来てくださるのを待っているのです。T..ロングという米国の説教者の『何かが起ころうとしている』というアドベント・クリスマスの説教集を最近手に入れて、さっそく読み始めました。表題になった説教は今朝の箇所のマルコによる福音書の並行記事の説教です。「何かが起ころうとしている。」私たちはそれを期待しています。それはちょうどもうすぐ子どもが生まれる夫婦が、子ども部屋のペンキを塗ったりベビーベッドを組み立てたりする気持ちのようです。何かが起ころうとしています。クリスマスツリーを飾り、クリスマスの買い物にショッピングモールに行くのは、クリスマスに何かが起ころうとしているからです。私たちは、主イエスが私たちのところへ来てくださって、私たちを慰め、救ってくださるのを待っています。しかし、他方では、1226日になるとクリスマスは終わり、ツリーも片付けられ、正月になれば誰もクリスマスのことなど覚えていません。特に何も起こらず、いつものようにクリスマスが終わったのです。何かが起ころうとしている・・・。本当なのでしょうか?私たちには神さまに助けていただきたいこと、救っていただきたい現実をたくさん抱えています。食べたり飲んだりしながら営んでいく毎日の営みの片隅には、私たちのため息が淀んでいます。年末を迎えて一年を振り返れば後悔が残っているし、これまでの生き方をふり返れば、昔に戻ってやり直したいことが誰にだっていくつもあります。そんな私を救ってくれるような何かが、本当に起こるのでしょうか?主イエスは、「起こる」と言われます。キリストは来られます。「人の子は思いがけないときに来る」と主は言われます。救い主は再び来るのです。但し、思いがけないときに。私たちには、その時が分からない。誰も知らないのです。8月に仙台市若林区の荒浜小学校を再訪しました。震災の一ヶ月後にボランティアに行った地域です。小学校が震災遺構になっていました。津波で地域全体が倒壊した場所です。小学校の屋上にたくさんの人が避難して、いつ来るか分からない救助を待っていました。私たちを助ける助けは一体いつ来るのでしょうか?食べたり飲んだりして生きる私たちの日常を全部のみ込んでしまうほどの大きくて恐ろしい力に、私たちは日々さらされているのです。ノアの時代の人々は、そんな毎日の生活を送りながら、洪水が来ることを誰も気づきませんでした。しかし、考えてみれば目の前でノアが箱舟を造っていたはずです。目には入っていても、その意味するところが分からなかったのでしょう。実は、私たちの日常生活の目の前には、箱舟があるのです。聖書の原語では「箱舟」はもともと単なる「箱」です。舟の形ではありません。神殿の形です。ノアの箱舟は、洪水の中で礼拝する民がいるという物語です。神を礼拝し、神に祈る。それが主が「目を覚ましていなさい」とおっしゃったことの意味です。目を覚まし、祈りつつ生きていきましょう。私たちにはキリストに来て救っていただかなければどうにもならないことが溢れています。「主よ、来てください」と祈りつつ生きていきましょう。 

2017年11月30日木曜日

詩編第97編「主こそ王」


「主こそ王」と高らかに宣言して始まる詩編。比較的新しく設定されたようだが、暦を重んじる教会ではアドベントが始まる前の日曜日を王であるキリストの主日と呼ぶ。教会暦の一年はこの週で終わる。最後に覚えるのは王キリストの前にひれ伏すことなのだ。それは私たちにとって喜びだ。「全地よ、喜び踊れ」と言うとおり。私たちは神が君臨する神の国の民だからだ。神に従う人よ、主にあって喜び祝え。そう唱えつつ、新しい年を迎える。

ルカによる福音書1:46~56「歌いつつ迎えよう、クリスマスを」

クリスマスには讃美歌が溢れています。キリスト教会の礼拝には歌が欠かせません。特にルカは賛美を愛した人です。ルカによる福音書にはたくさんの賛美が残されています。マリアの賛歌、ザカリアの賛歌、主イエスがお生まれになった夜の天使の歌、シメオンの賛歌。思えば、どれもクリス...