2017年8月3日木曜日

詩編第80編「わたしたちはあなたを離れません」


「万軍の神よ、立ち帰ってください。天から目を注いでご覧ください。このぶどうの木を顧みてください。」このぶどうの木は神ご自身がエジプトから移し、植えてくださったと訴える。ぶどうの木は枝を広げ、多くの実を結ぶ。地に根付き、手入れする者がいれば。だから神に祈りつつ、神の怒りを思いながら祈る。「私たちはあなたを離れません。命を得させ、御名を呼ばせてください。」このけなげな祈りを神はお見捨てにならないのではないか。

詩編第82編「地の基は揺らいでいる」

「地の基はことごとく揺らぐ。」恐ろしい言葉だ。私たちが大地のように信じ切っている価値観や判断材料、当たり前と思っていることがことごとく揺らぐ。私たちはそれに堪えうるのか?私たちは当たり前のように神に背き、弱者や孤児を食い物にし、苦しむ者や乏しい者の正し...